肝内結石症の治療法は|実は怖い糖尿病|症状を知ることで未然に防げる
婦人

実は怖い糖尿病|症状を知ることで未然に防げる

肝内結石症の治療法は

女性

肝内結石症

胆管がんが起こるのは肝内結石症が原因の1つです。この肝内結石症は肝内胆管に結石ができる症状のことです。肝臓は胆汁を分泌させて消化を助ける機能を持っていますが、胆汁は胆管を通って十二指腸に流れていきます。この過程で結石ができてしまうと炎症を引き起こしたり肝臓機能の低下をもたらすことがあるだけでなく、胆管がんも発症することがあるのです。肝内結石症の症状には腹痛と発熱が代表的なものですが、日常生活においても起こる症状なので、風邪と誤解することが多いです。しかしながら、病院で検査を受けてみて肝内結石症だと判明すれば、胆管がんの可能性もあります。医師に相談して胆管がんかどうかも併せて調べてもらいましょう。

外科手術と放射線

胆管がんの治療は外科手術が最も広範囲に手術することができますので、まず最初に行われる治療がこの外科手術になります。肝臓を切除するのですが、がんが拡大している場合には肝外胆管も切り取ることがあります。胆道は身体のさまざまな臓器につながっていることからがんが拡大しやすいのです。そのため、外科手術と一口にいってもどのように拡大しているかで手術の仕方は異なります。外科療法以外であれば、放射線療法があります。X腺を身体の外から照射することでがん細胞を攻撃して死滅させます。外科手術と併用されることもあり、手術中に直接がんが発症している部位に照射します。これを術中放射線照射といいます。基本的に胆管がんの治療はこの2つになります。